読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加速する脳ミソ

無能が日々を綴るブログ

PS4 ゴーストリコン ワイルドランズ プレイした感想

ゲーム

ps4ゲーム『ゴーストリコン ワイルドランズ』を10時間ほどプレイしました。

いや、前々からちょくちょくやってはいたのですが、ホライゾンゼロドーンにドはまりしていたので、感想記事は後回しにしていました。

f:id:kasomiso:20170318183234p:plain

 ホライゾンゼロドーンの後にこれはキツイ……気がする。

世界中を飛び回って争い事を解決する特殊部隊ゴーストの一員を操作してアフリカの麻薬売人を懲らしめるというストーリーです。

オープンワールド系のTPSで4人協力可能です。


Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands - We are Ghosts | Ubisoft [DE]

正直マップに魅力がありませんでした。舞台が舞台なのでしょうがない気がしますが、アフリカのマップは広大である代わりに代わり映えしないのです。

木が鬱蒼と生え茂り、グネグネした舗装されていない砂利道が続くコピペ(?)マップにしかみえません。

マップが広いゆえに移動時間も長いです。

グネグネした道をショートカットするためにまっすぐ突っ切ろうものなら、そこら中に生えている木や岩に吹っ飛ばされます。

まあ、ヘリコプターが意外と多いので解決できますけど。

ディビジョンってちょうどいいマップの広さだったんだなぁって思いました。

似たようなミッションしかないのも飽きさせる要因でしょうか。

場所や敵の人数を変えたとしても偵察、狙撃とやることは変わらないです。

オ-プンワールドは疲れますわ。

 

良かった点

  • 最初からいろんな乗り物に乗れる。これは正直嬉しかったです。プロペラ機、攻撃ヘリ、装甲車などゲーム序盤から色々な乗り物に乗れます。それに操作もカジュアルなのでヘリが墜落することもあまりないです。慣れてくるとドリフトもできます。
  • ボッチにも優しい。オンライン環境がない、フレンドがいないって人でも大丈夫です。なぜなら随伴する3人のNPCが優秀だから。かといって勝手に行動して邪魔することもしないです。また部隊を強化することも可能です。
  • 銃を構えた時にFPS視点、TPS視点の切り替えが可能。このゲームのミソが武器のカスタマイズです。グリップやスコープを好きなようにつけて自分の銃を強化できます。種類は滅茶苦茶多いです。ペイントも出来るのでTPS視点で構えるときにでも見てみましょう。

悪かった点

  • 前述のようにマップが広大すぎて密度が薄いです。敵が密集している地帯に行くにも一苦労です。
  • ミッションが似たようなものばかり。まあ、この手のゲームにはありがちですけどね。実際ホライゾンゼロドーンもサイドミッションは足跡追跡ゲーでした。ワイルドランスは違う武器やドローンをつかったり、ステルスで挑んだり、自分で選択肢を選べってことでしょうか。

 

うーん、正直ゲームとしての出来は良かったと思います。

今は個人的に時間が取れなくなりそうなのでオ-プンワールドをやり込もうという意思がないのです。

広大なマップを飛行機で飛びたい方にはおすすめです。